お問い合わせ、セッションのお申し込みはホームページからお願いします。 *

http://nonokusanoyouni.jimdo.com/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する様にチャネリング✳︎自分探しの宇宙は、いつも側に

身近な物言わぬモノ達からの、深淵なる言葉をシェアします。私の役に立った事は、必ず誰かの役にも立つと思いますので。必要な方に届きます様に。手紙を入れたビンを川に流す様に、どなたかの心に。

受け取りましょう

私の枕元には、自ら作ったアフォメーションカードがある。

 

「私は、愛と豊かさを受け取り、それを循環させ、

いつも自由でいました。」

 

という文章を、絵にしたもの。

 

起きたての脳には、文字よりシンボルの方が入る。

 

これを、朝見るようになっての変化の一つ。

 

家族3人で、頭を並べて寝ている時間が、

 

とても豊かで幸せな時間だと思い、

 

何とか起き出してきて、夜中とかに、

 

自分の時間を無理矢理設けようとは、

 

思わなくなった。

 

必死だったのだ、前は。

 

必死という字を見てみれば解るじゃん、

 

続けたら、必ず死ぬところだよ。

 

必死にやらないから、出来ることは減った。

 

けど、気付く事は増えた。

 

はて、どちらが豊かでしょう?

 

自分でも解らなかった、自分の幸せという定義の全貌が、

 

少しづつ見えてきている日々。

 

一方、超スーパー駄々っ子息子とのライフでは、

 

この時期、ドングリの収穫祭である、毎日。

 

ふと、手を入れたポケットから、

 

ドングリが出てくる昨今、

 

とびきりミニサイズのドングリさんに、

 

チャンネルを合わせて観たことを、以下に。

 

 

 

野ネズミが、誰にも見つからないように、

 

壁の隙間に身を隠す。

 

金色の世界が広がる。

 

浄化している、人知れず。

 

誰も人は気付く事は無いけれど、

 

陰で、植物がそうしていて、

それは、このドングリにも伝えられている事なんだな。

 

牢屋に入れられた人が見える。

 

黒い、長い長い糸が、その人から出ている。

 

その糸を、どこかに引っ張っていく。

 

気付くと、渓流の音がする森にいて、

 

糸は大地に置かれた。

 

声がした。

 

閉じ込めてはダメ。

 

優しい声。

 

アーシングしないと、人は改善しない、

 

そういう事ではないのかな?

 

次は、雪景色が見えてきた。

 

その景色の中に、よく目を凝らすと、

 

モクモクした白い犬がいる。

 

鍵が落ちている。

 

犬から糸がほずれていて、引っ張ると、

 

どんどんほずれて、無くなっていく。

 

よく目を凝らすと、ヒントがあって、

 

それを見つければ、どんどん紐解いていかれる、

 

問題が消えて無くなる、みたいなことかな?

 

学校のプールが見え始める。

 

俯瞰して見ていく、

 

大きな滝の隙間から見ていた事に気付く。

 

大きな事と、小さな事は繋がっていて、

 

自分の身体を通して見る地球、

 

その逆も。。。。

 

全て繋がっている。という事。

 

 

土手にいた。

 

橋の下に隠れる。

 

散歩の人やジョギングの人、

 

皆いるのに、だあれも気付かない。

 

橋の下には沼のように濁った川がある。

 

ここで溺れても、だあれも気

 

 

付かないのだろう。。。

 

闇は、どこにでもある。。

 

静かな小さな声がした。

 

次の瞬間、

 

太陽の光が眩しくて面食らう。

 

女体のようなラインが見える。

 

目を開けて、よく見ると、

 

大きな木や岩。

 

何か、女の人の身体を連想させる。

 

あれは、賢者達。

 

女の人を思わせる岩や木は、特別な存在らしい。

 

何だか納得。

 

 

山の山頂から谷へ繋がる道を見ている。

 

降りていくと、

 

ロープが張ってあったり、

 

道が意外と整備されていて、

 

山に行くつもりで、仕度さえすれば、谷から登るのも容易い。

 

小さな家の窓から誰かが、

 

双眼鏡で見ている。

 

オムツをしている人。

 

夢や希望の道へ、本気で行くつもりならば、

 

道は、実は用意されている。

 

けれど、自分の始末さえ出来ない人間が、

 

いくらそこを眺め続けても、何にも起こらない、

 

というとこだろう。垂れ流しの人、いるよね。

 

また、別のシーンになり、

 

神社のなかを、スマホをいじくりながら、人が歩いてくる。

 

神様のような人が、プレゼントを渡すが、気付いていない。

 

ご利益、のようなものや、

 

宇宙からのギフトというものは、

 

気付く感性や、

 

タイミングの良さを持ち合わせていないと

 

受けとることはできないということだろう。

 

また、別の場所になり、

 

図書館の前、

 

ショーケースには、気になる本。

 

4階にあると知る。

 

行けば、確実に手に出来る。

 

面倒だな、と思う。

 

ちゃんと教えているのに、

 

自分達が選ばないで、手に出来ないだけなのに。

 

声がした。

 

なるほど、直感とかにも従わない時あるしな。。。

 

リンゴをかじっているのが見える。

 

リンゴだと思ったそれは、

 

巨大な有機体の一部だった。

 

つまり、これは、膨大な知恵の一部だよってことだね?

 

。。。。。。。

 

意識がこちらに戻って来た。

 

ただいま。。。。

 

ドングリさん、ちっさいけど、凄いな、ありがとう!

 

感性が重要だけれど、

 

決心したり、タイミングを逃さないのが大事。

 

やっぱ、自分を信じる事はマストですな。

http://nonokusanoyouni.jimdo.com/
☆セッションのお申し込み、お問い合わせは、ホームページから☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村応援よろしくお願いします。