お問い合わせ、 セッションのお申し込みは ホームページからお願いします。 *

http://nonokusanoyouni.jimdo.com/

八百万の神に聞く*旅する様にチャネリング

身近な物言わぬモノ達からの、深淵なる言葉をシェアします。私の役に立った事は、必ず誰かの役にも立つと思いますので。必要な方に届きます様に。手紙を入れたビンを川に流す様に、どなたかの心に。

自信のなさは罪

日々、色んなものに繋がって、

 

教えてもらったことで、

 

見逃しがちな事に氣づいては来ている。

 

4歳の息子を自主保育する日々は、

 

まるで修行だと思う事も多いけれど、

 

かつて、こんなに発見の多い毎日があっただろうか?

 

数ヶ月前まで、私たちは、2年程、相当な田舎で暮らしていた。

 

理由は、平たく言えば、暮らしてみたかったからだ。

 

原発事故の事もある、けれど、

 

東京に帰ってみて、原点に戻ってみて思う。

 

人には、自然が必要だと。

 

沢山の矛盾が自分の中に、まだあり、

 

夫も私も、整理している日々だ。

 

田舎での生活も終盤の頃、

 

2つ上の集落まで、湧き水を汲みに行っていた。

 

やっと車を手に入れた頃からだ。

 

あの水に、繋がってみよう。

 

この日は、そう思った。

 

湧き水を汲む辺りのスポットと、河の流れを心に想い、

 

いつもの様に、自分とぴったり重なったと感じた時、

 

観えて来た。。。。

 

 

。。。。。。ハープを弾いているいる人。

 

その音で、カーテンが開いた。

 

くねくねと曲がりながら続く、石段が見える。

 

群衆の中に、赤鼻の子がいる。

 

石段の頂上に、磔にされている人がいる。。

 

そこまで昇り、石碑に囲まれた場所で、

 

磔の人に、何かを教えてもらっている。

 

赤鼻の子は、泥をこねている。

 

手の間から、それがこぼれ落ち、

 

手についた泥も剥がれた時、

 

手の間から、光を放ち始めた。

 

キリストなのかな、磔だし。

 

赤鼻は、特別な子、みたいな感じで、

 

その子が、キリストが、本当に伝えたかった事を、

 

ちゃんと理解した時に、光があふれる、という感じかな。

 

いつも、私の観える事は、

 

連想ゲームみたいなので、見当を付けて、

 

こうかな、と聞くと、合っていれば、次に進むし、

 

間違っていると、違う表現で、同じ事を伝えようとしてくれる。

 

どうやら、大きく間違っていないようで、

 

次に進んだ。

 

暗い森の茂みに寝そべっている。

 

明るい方を見ると、ブドウがなっている。

 

手を伸ばすが、届かない。

 

立ち上がり、明るい方へ行き、

 

手を伸ばせば余裕なのに。

 

ああ、つまり、誰も知らない所で、

 

日の目を見ない所で行動も起こさなかったら、

 

何も手に入らないし、

 

逆に、明るみで行動に移せば、楽々と手に入る、

 

という事だね?

 

次に行った。

 

素晴らしく見晴らしの良い所で、

 

食事をしようとしている。

 

皿の上には、粘土で作った様な、

 

氣持ちの悪いものが乗っている。

 

素敵なレストランとかに見えても、

 

おかしな人工的なものが出て来たりするから、

 

だまされるな、ってとこ?

 

それとも、あ、雰囲氣にだまされて、

 

何でも腹に入れるな、みたいな?

 

食べ物という訳でなく、色んな意味でだね?

 

合っているよう、次にいった。

 

細い道が見えた。

 

人の気配はないが、

 

不安になりながら進むと、

 

自転車とかが沢山止まっていて、

 

誰かがいるようだと、少しホッとして、

 

進むと、

 

天から降りて来ている電線みたいのに、

 

伝って、水がぽたりぽたりと垂れて来ている。

 

その水が溜まり、泉となっている。

 

自分が信じた道を行くと、

 

いつしか、大丈夫、と思える時が来て、

 

そうすると、叡智の泉にたどり着く、

 

てな所だよね?

 

正解のよう、次へ。

 

みかんが見えて、その後、木の実が見える。

 

矢印が見えて、その後、矢が見えた。

 

みかんの実、矢印の矢。

 

最初の字が、それの意味するもの?

 

名前や、言葉の最初の字が、重要な意味がある、

 

みたいな事かな?

 

どうも、そうらしい。ほほう!

 

次が見えた。

 

ペンギンが群れをなし、海へ次々入っていき、

 

魚になって、還って行く。

 

もとから、飛べない鳥だから、

 

空ではなく、海に還るのが自然、みたいな?

 

自分に合った場所を見つける事が出来れば、

 

のびのびと泳ぎ始める、

 

人類とかの今後?も含むのかな?

 

返事ないのだけれど、

 

もう少し、考えて、と言われた氣がした。

 

次が見える。

 

トイレを探す人がいる。

 

そこかしこにある。

 

デトックス?溜まったら、いつでもできる?

 

どこにいても出来るのだから、溜めるな?

 

不要なもの、心の中のもの全般だね?

 

その通りのよう、次へ。

 

頭に、最近あった、頭に来る事が浮かぶ。

 

公園で、息子が、何もしないのに、

 

知らない子にひっぱたかれたのだ。

 

『いやだ、やめて。』と伝えなさい、と言った。

 

そうしたのに、やめない。

 

さすがに、私が制止に入ると、

 

その子のお母さんが飛んで来て、

 

その子を抱えて、立ち去った。

 

一言も、何も、こちらに言わずに。。

 

思い出してもムッと来た。

 

こんな怒りを頭に浮かべたまま、

 

私は、いつの間にか海にいて、

 

自分の意志とは関係なく、

 

爪が伸び、鍵の様なカタチとなって、

 

何もしない周りの生き物を傷付けていた!!

 

怒り、は、抱えて生きているだけで、

 

勝手に攻撃的になるんだね?

 

だから、広い場所に行くと、

 

関係のない人から危害を加えられたりするんだね?

 

そして、危害を加えられた人も怒り、、、、

 

そのままじゃ、終わりがないな。

 

どうしたら良い?

 

『おまえは、子供には教えている。』

 

、、、、、、毅然としていなさい。。。。

 

いつも、こう言っている。

 

何もしていないのに攻撃をされた場合、

 

こんな風に、子供に言っている、私は。

 

だからか、息子は、全く引きずらないのだ、

 

怒りや、意地悪されたことを。

 

自己肯定感と関係ある、多分。

 

それがあるものは、毅然とした態度でその場で対応し、

 

深い所で見つめ、受け止められる。

 

自己肯定感に欠けている者は、

 

自分が悪くも無いのに、

 

堂々としきれないから、

 

受け止め切れていないから、他所にも投げつけてしまうのだ、

 

知らず知らず。。。なんて恐ろしいんだ。

 

自信のなさは罪だと、心に留める事にする。

 

 

また見えて来た。

 

プールにぎっしり人がいて、前の人の肩に手を置き、

 

グルグル動き回っている。

 

列をなさないと、狭いプールでは、動けないのだ。

 

周りには、策がされていて、

 

その向こうには、何もないから、怖いし、

 

見張りの人もいるのだ。

 

常識とか、そんなものかな。

 

窮屈だね、まったく。

 

あと、こんなのもある。

 

そう聞こえて見えて来たのは、

 

海の中の洞窟にいる人たち。

 

でも、よく見ると、それは、海ではなく、

 

作り物で、海は、ちょっと離れた場所に。

 

あー、自分の常識みたいのが全てで、

 

それが、世の理のようにしている人がいるけれど、

 

世界は、そんなではないし、広い、みたいな?

。。。。。。。。。。。。。

 

だんだんに、薄らいで、意識が普通に戻った。

 

 

自分が、何処に生きているのかな、と思う。

 

怒りという感情を、もう一度考察してみる。

 

やっぱり、全ての大元になるのは、

 

自己肯定感で、それありきで、幸福に豊かに過ごせるのだ。

 

心の掃除は、そして、片時もさぼってはならないのだ。

 

 

 ☆セッションのお申し込み、お問い合わせはホームページから☆

http://nonokusanoyouni.jimdo.com/

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村ポチッとして頂けたら嬉しいです。

 

 

 #怒り#常識#チャネリング#海#心の掃除