お問い合わせ、セッションのお申し込みはホームページからお願いします。 *

http://nonokusanoyouni.jimdo.com/

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する様にチャネリング✳︎自分探しの宇宙は、いつも側に

身近な物言わぬモノ達からの、深淵なる言葉をシェアします。私の役に立った事は、必ず誰かの役にも立つと思いますので。必要な方に届きます様に。手紙を入れたビンを川に流す様に、どなたかの心に。

視点を変えて、喜びに氣づく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村ポチッとしてくれたら嬉しいです!

 

昨日からの続きです。

 

金色の出所を確かめるべく、一眼レフを携えて、

 

パジャマにコートを羽織って、三階建てのアパートを出ました。

 

アパートがある細い路地を出て、

 

公園がある住宅街の中にある、メインの通りに出ました。

 

金色が流れて来る方に向かって、ただ、何も考えず、

 

ふらふらと歩いて行きました。

 

まだ、かなり早朝なので、人気もなく、

 

夢の延長の様な感じでした。

 

金色は、「春日神社」という、アパートからすぐの、

 

こじんまりした、神社から来ているようです。

 

ここは、初夏にはお祭りが在り、

 

この通りも夜店で賑わいますし、

 

大晦日には、カウントダウンの時間帯に、

 

当時のパートナーとも訪れていた、親しみのある神社です。

 

いつもきちんと整頓されていて、

 

居心地が良く、時々、何となく寄ってもいました。

 

その神社から、金色は来ているのです。

 

一歩、足を踏み入れ、右側の方に、引き寄せられる様に進み、

 

顔を上げると、狛犬様が、目の前にありました。

 

とりあえず、携えて来たカメラでパチり。

 

狛犬から金色は来ていたのか!と思った途端、

 

金色だった世界が、霧が晴れる様に普通の風景となり、

 

通りにも、通勤の為に足早に通る人もチラホラ。

 

なんだか分からず、アパートに引き返し、

 

後に、撮った写真を元に、絵を描きました。

 

(その後、度重なる引っ越しで写真は紛失、絵も、どこへやら。

絵を収めた写真が出て来たらアップします。)

 

長くなりましたが、この不思議体験をした頃は、

 

全然スピリチュアルな世界を生きていなかったので、

 

ただ、ある朝の不思議、世界は美しいな、で終わったのです。

 

この、狛犬様は、端的に言うと、氣があったのでしょう。

 

周波数とか、そんなところ。

 

だから、ふと思い出したので、

 

『元氣?ご無沙汰!』という感じで繋がってみたんです。

 

心には、最近何となくパッとしないんで、

 

そんな近況を浮かべて、友達に話す様なつもりで。

 

最初に観えて来たのは、

 

アフリカの方っぽい女性が、

 

着物を着ているのですが、着こなしも、突っ込みどころ満載で、

 

どうにも似合わず、おかしい。

 

あれはないな、おかしいな、全然似合っていないな。

 

と素直に思うと、

 

そうだべ、似合わんじゃろう。

 

いくら素敵な人でも、

 

合わない事や、ルールの分からんままに努力しても、

 

うまくいかんぞ。

 

それじゃ、たたかれたり、

 

人から、

 

よくは言われんぞ。

 

というような言葉ではないが言葉が頭に入って来た。

 

めっちゃ、訛りが強い感じなのだ。

 

だから、狛犬どんと呼ぶ事にする。

 

次に、ドングリを、夢中で拾う子供達が観えた。

 

目を輝かせて、目の前の宝物に喜び、

 

大切そうに、次々とポケットにしまっている。

 

『あれ、虫とか中にいるんだよねー。よく見ないと。』

 

と、私が思った途端、

 

それが駄目じゃろ!

 

その時に夢中になれずに、取り越し苦労したり、

 

恐れたり、心配するから、

 

素敵な事に感謝出来なくなるんじゃぞ。

 

子供は師ぞ。

 

うわー、耳が痛い。

 

不安、恐れ、その場を楽しめない。。。。

 

あと、疑いは、偏見にも繋がるぞ、よく心に留めにゃ。

 

。。。はい。。。

 

また、子供が観えて、今度は一人。

 

何か、嬉しそうに食べている。

 

次々とスプーンを口に運び、

 

ニコニコして、パクパクと美味しそうに

 

何かを食べている。

 

口の周りが、べちゃべちゃだ。。。。

 

またここで喝が入った。

 

観点が、悪いわい!

 

なぜ、美味しそうに食べているな、

 

ニコニコして可愛いな、

 

お母さんの作ったご飯なのかな?

 

あんなに嬉しそうに食べて、

 

みんな、幸せだね、と思えないんじゃ?!

 

欠点や、うまくいかない事に焦点を当てて、

 

拡大して、何が面白いんじゃい?!

 

これには、全く言葉もなく、惨敗。。。。

 

愛を受け取っていないのは、自分じゃろうが。

 

やられた。。。。。。

 

凹む隙もなく、今度は、山の上から下を観ていた。

 

白い、煙の様なものが充満していて、

 

下が見えない。

 

『下の集落が火事?なんだろう?』

 

と思うと、今度は下の集落らしき所にいた。

 

空の上が、白い煙の様なもので、

 

山が見えない。

 

『山の上で、何かあったのかなあ?』

 

今度はこう思った。

 

皆、自分の立場でしか物事が見えないんじゃな。

 

上から見たら、下のせいにして、

 

下から見たら、上のせいじゃろう。

 

あの煙は、人を隔てる為にあるんじゃよ。

 

あれがどこから来たのかよりも、

 

どうして存在するのか、

 

そこを考える者がいない。

 

二極化。。。。とかもそんな感じか。

 

氣をつけよう。

 

 

また、場面が変わった。

 

女の子が、たんぽぽの花を、一生懸命吹いている。

 

『おいおい、もうちょい待たないと、綿毛になってからでないと、

無理でしょうが!』

 

と、心で突っ込むと、

 

分かっとるんじゃないか!

 

そうじゃぞ、時期が来ないと無理じゃぞ。

 

おまんらは、それが分からんのかと思っとうた。

 

順序がある、

 

その、一つ一つが重要で、大切じゃ。

 

芽が出た時も、花となった時も、種となった時も。

 

その途中の成長していく時がないと、

 

どの行程にもたどり着かないしね。。。

 

もう、今がパッとしないなんて事は、ないんだね。

 

返事はない。

 

氣が付くと何かの入り口に、自分がいた。

 

 

ここで、眠りから覚める様に戻って来た。

 

うまく言えないが、チャネリングすると、

 

私は、もう、ここで今日は終わりだな、

 

というタイミングを感じるのだ。

 

自分の集中力の限界もだし、

 

それ以上は、今の自分に理解出来ないと感じたり、

 

向こうが、バイバイって言って来ている感じ。

 

こうして、狛犬どんから、

 

あの金色の日に受け取れなかった

 

素晴らしい叡智を受け取り、

 

書き記した。

 

私は、まだ、咀嚼し切れていない部分もある。

 

大変味わい深いと思う。

 

読んで下さった方の心にも、

 

どうか届きますように。

 

☆お問い合わせ、セッションのお申し込みは、下記のホームページから☆

http://nonokusanoyouni.jimdo.com/